中出しRQ・膣肉限界陵辱 宮崎リサ【東京熱 TOKYO-HOT】

作品情報

  • 作品名:中出しRQ・膣肉限界陵辱
  • 女優名:宮崎リサ
  • 配信サイト:東京熱(TOKYO-HOT)

動画の内容

中出しRQ・膣肉限界陵辱 ハスキーボイスでセクシーな宮崎リサ。ハーフかクォーターのようなエキゾチックな顔立ちをしていますが混じり気無しの日本人です。インタビューで仕事の内容を聞くとレースクィーンの格好をしているけど本物なのかな!?と思ってしまいます。軽く質問が終わると、お立ち台に乗って数々の挑発ポーズをとってくれます。すると1人のオヤジが『ポーズはこのくらいにしてしゃぶってもらおうか』と仁王立ちフェラをリサに強要する。リサは素直に従いフェラチオが始まる。ネットリとチンポをしゃぶる艶姿は勃起もの。 次に椅子に腰掛けた男の股ぐらの間に座り込む形なりフェラを展開。辛抱たまらず男は自らしごきあげてリサの口の中にザーメン放出する。『かなり濃くてほろ苦い』とリサのコメント。 濃厚なフェラの後は男二人によるオマンコ責めが開始。椅子に座らされてパンストを破かれ、最後はハサミで切られてしまう陵辱シーンは注目だ。クリトリスは大きく勃起して程よく男を咥え込んだオマンコが露出される。指を入れられグチョグチョに掻き回し始めると喘ぎ声が漏れ始める。 次に透明のディルドゥを使って膣覗き。オマンコのヒダヒダの形状までしっかりと分かってしまいます。見れば見るほど具合の良さそうなオマンコです。3番目のオマンコ陵辱は定番のクスコ。急に生理が始まってしまったのか中を覗くと赤色の液体が溜まっているところが見れて超リアル。透明ディルドゥとは違った膣内画像を愉しむ事ができます。今回のメインイベントの一つは超小型カメラによる膣内ドアップの世界。少々画像は荒めではあるが、チンポが挿入されると膣内はこんな感じで味わえるのだなと思うシーンだ。 次は極太バイブを舐めさせながらのローター責めが始まる。クリトリスを左右からローターで挟むとリサの悶え方も我を忘れるほどに。その後巨大バイブで激しくローリーング。大陰唇を引き裂いて膣内にズブズブめり込んでいくバイブ。ここのアップシーンは見所満載です。 クリトリスにはミニチュアゴルフクラブで刺激。『気持ちイイ』を連発し始めたところでタコのような触手のあるクリバイブとガラス製のオモチャでクリトリスとオマンコの同時責め。特にクリ責めのアップシーンはクリトリスの形状がハッキリと分かる画像で女体の神秘を垣間見ることでしょう。 数々の玩具責めでオマンコを陵辱した後にベッドに移って玩具攻めの感想を聞く。男が『今度は生チンコを入れる』と言うとリサ曰く『オモチャより生チンポの方がイイ』と即答。やっぱり派手な顔立ちをしている女は人並み以上に快楽に貪欲なのか? 絡みは 69から開始。マンコを舐められても早くチンポを入れて欲しいのか一生懸命にしゃぶるリサ。本番はもちろん生カン。バックから極太チンポがズブっと突き刺さり、激しいピストン運度が開始される。『もっと突いてオマンコが気持ちイイ』と自ら淫語を連発リサって本当に淫乱な女だ。 騎乗位に変わり彼女のリードで腰を振っているところを見ると快楽だけを愉しむ牝豚のようだ。大股開きでの結合部アップシーンはピンク色のクリトリスが勃起していて、アクメがピークになってきている証拠だ。対面騎乗位ではアナルもバッチリと見えての出入りシーンにチョー勃起。 シーンも佳境に入って正常位、屈曲位と肉と肉のぶつかり合いを堪能したら、最後は正常位でハメられながらのブッカケ開始。女に対して鬱屈した思いを持つ汁男達のザーメンが次々とリサの顔を汚していく。 7発目の顔射がされたところで1人目の男が発射。戦慄いたオマンコに間髪いれずに次の男が生挿入。追い討ちをかけて汁男の3発のザーメンが顔にかけられた後に、止めは東京熱お決まりのコースの生中出しだ。ドロッとしたザーメンがオマンコからタラタラと流れ出て、ピクピクしているオマンコがバッチリ拝めます。 レースクィーンの格好をして気取っている女の顔とオマンコをザーメンで汚すのって男にとって快感の一言ですね。(TEN) n0031 Miyazaki Risa 宮崎リサ 撮りおろし徹底陵辱ビデオ 話題の女優 顔に精液 中出し 輪カン中出し オモチャ責め クスコ膣内見せ 口内射精 膣内カメラ・膣内撮影具 テコキ発射 RQ・キャンGAL 中乳 Dカップ 普通 ロング 茶系 美人OL・秘書 RQ 164cm 元本物レースクィーン